お金借りる cashing Star

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


リボカード

一括で支払うよりも、リボカードは、金利がかかりますから損だと思っている人も多いのですが、上手に使えば、ポイントも毎月決まった額たまっていきますから、実は一括で支払うカードよりも、高い還元率のクレジットカードということにもなりかねません。

ちょっとでも効率よくポイントをためたい人や、また支払う額を定額にして、安心してショッピングをしたいと思っている人にはリボカードがおすすめです。リボ払い専用のカード、それがリボカードです。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:28

ETCパーソナルカード


ETCパーソナルカード申込みの流れは、申込みをして、デポジットを入金して、そして郵送でカードが到着しますから、あとは使えばいいだけです。ETCカードなので、セットアップされている車載器がないといけませんのでそれはあらかじめ用意しておきましょう。支払済みのない利用金額が、ETCパーソナルカードに預け入れしたデポジットの8割を超えた場合には、ETCパーソナルカードが利用停止になるので注意しましょう。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:25

シルバーメダリオン



空港ラウンジの利用権は、残念ながらシルバーメダリオンでは利用すること画できません。上級会員になるためにはこのように毎年1月から12月に、今紹介したような必要マイル数を獲得することや、ひつようなフライト区間を飛ばなければいえません。

どれか一つでもクリアすれば、とりあえずシルバーメダリオンからスタートして順番にレベルアップすることができます。

必要マイル数と、必要フライト区間数の、どちらも満たす必要はないので、シルバーメダリオンなら敷居が低いですから比較的スムーズに会員としての権利を獲得することができるでしょう。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:22

シティセレクトカード

シティセレクトカードはトラベラーズチェック発行手数料が無料、提携している航空会社の航空券が半額、無料アップグレードなどもありますから、旅行を良くする人にとってもおすすめのサービスです。

空港送迎タクシーも利用可能で、シティカードトラベルデスクを利用すれば、指定した場所と空港間のタクシーを手配してもらえるので便利です。また成田空港お見送りヘリコプターの利用も可能で赤坂アークヒルズヘリポートから成田までヘリコプターを手配してもらえますからとても便利です。シティセレクトはVIPな対応を受けることができるカードです。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:19

シティプラチナカード

シティプラチナカード最低限資格はシティゴールドカードを持っていることとなっています。マスターカードのゴールドカードを持っていてもインビテーションは来るとされています。

シティプラチナカードが作られた最初は、シティゴールドで決済をし、年齢もある程度の条件をクリアした人だけがインビテーションされていましたが、ためしに20代のゴールド会員を対象として、インビテーションを送り、審査基準を緩くした際に申込みがあったので、20代でもシティプラチナカードは発行可能となりました。本会員の年会費は、52500円です。家族会員は無料となっています。年齢の審査基準は特に公にされていませんが、25歳前後といわれています。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:17

スカイチーム




スカイチームは、15社が加盟している航空会社のチーム名です。スカイチームは、2012年の2月現在で、世界各国の15社の航空会社が加盟しています。アジア系ノエアラインは

、5社で、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、コリアンエアー、ベトナム航空の5社が加盟してます。アメリカ系のエアラインはアエロメヒコ航空、デルタ航空、ヨー

ロッパ系では、アエロフロートロシア航空、エアヨーロッパ、エールフランス、アリタリア航空、チェコ航空、KLMオランダ航空、タロム航空となっています。アフリカ系ノエアライ

ンからは1社で、ケニア航空が加盟しています。日系のエアラインの参加はありません。

これから先、スカイチームに参加する予定のところがあるので紹介します。ガルーダインドネシア航空、アモイ航空、アルゼンチン航空、ミドルイースト航空、サウジアラビア航空、こ

れらの航空会社は、2012年に加盟する予定で、スカイチームにまだ加盟すると決まっていない航空会社で、参加するならスカイチームになりそうなエアラインとして、ゴル航空、ヴ

ァージンオーストラリア航空が有力視されています。設立された当初はそれほど大きなチームではありませんでしたが、今は、15社も参加しています。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:11

ローソン


日本においては1974年に、ダイエーが提携をして、ダイエーローソンが設立されました。日本で一番最初に出来たローソンは大阪豊中市の、桜塚店でした。それから大阪、神戸など、近畿地方を中心として、店舗数はどんどん増えていきました。オープン当初は、ハム、ソーセージといった加工肉だけでも40種類以上も取り揃えているアメリカ風の高級デリカデッセンでお客様のオーダーに応じてサンドイッチを作ったりする店だったようです。今のスタイルとは違ってました。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:08

ファミリーマート




ファミリーマートは日本のコンビニです。ファミマという略称でも知られていますが「あなたと、コンビにファミリーマート」というフレーズでもおなじみです。全都道府県に展開しているコンビニで、店舗数は現在8649店舗あるといわれています。コンビニ業界では、第3位の実績を誇っており、沖縄、鹿児島、長崎では、シェアは1位になっています。いまやセブンイレブンはアメリカと提携していますが、ファミリーマートは、独自にコンビニ事業を立ち上げていますから、営業エリア展開に、特に縛りがありません。そのために早い段階でアジアの各国に合併進出して拡大中です。

コンビニ業界では初の、iD Edyの使用ができるのもファミリーマートの特徴です。クレジットカードの決済は、ファミリーマート会員のカードのファミマTカードだけなので、他のクレジットカードが従来は使えなかったのですが、2011年の11月29日からは、他のクレジットカード会社のカードも利用できるようになりました。ロゴはポップ長で、まるで太陽と星をデザインしたかのような感じでしたが、今は、シンプルなロゴマークになってます。1972年に、西友ストアーが、社内の企画室に小型店担当を設置したのが始まりで翌年埼玉県に1号店がオープンしています。
[PR]

by iioh0312 | 2012-02-07 07:05